もう秋だぜ!


これが言いたかっただけです、ご無沙汰しております。

さて今回の記事は、特殊版の必殺技と超必殺技についてです。
KOF98では、弱版でもなく強版でもない特殊な必殺技や超必殺技が存在します。
有名なものでは、ダメージが大幅にアップするフェニックスアローでしょうか。
実はこの特殊な必殺技や超必殺技は他にも存在していまして、
今回は実戦で大いに関わってくるであろう特殊版の超必殺技についてご紹介します。


前述した特殊版のフェニックスアローとは似て非なるものだと思われますので、
それとは別物とお考え頂ければと思います。


ではいったい何かというと、それはオロチクリス(以下裏クリス)の特殊版暗黒大蛇薙です。
暗黒大蛇薙は、前Aなどから連続技にする場合は弱版の暗黒大蛇薙でないと繋がりません。
裏クリスの熟練者であれば当然ともいえる知識であり、ごく当たり前の連続技だと思います。


しかし…、



「間違いなく弱版を(Aボタンを押して)出したのに繋がらなかった!」

「強版が出た!」



なんて経験はありませんか?
裏クリス使いであれば一度は経験されているかもしれません。

実はこれ、確かに弱版を(Aボタンを押して)出したには間違いないのですが、
特殊版の暗黒大蛇薙が出てしまっているためです。



裏クリス使いの中には連続技の失敗を想定して、前AからはA+B又はA+D同時押しで行っている方もいらっしゃるかと思います。
これは、入力ミスによって暗黒大蛇薙が出なかった場合、四肢を咬む炎が出てくれるというテクニックです。

しかしこのテクニックは実は少々危険で、さきほどもお伝えした通り、
特殊版の暗黒大蛇薙が出てしまう可能性があるのです。
確かにAボタンを押して出したのに強版の暗黒大蛇薙が出た、という経験はこのテクニックが原因なのです。


強版と特殊版は攻撃発生までは同じですが、硬直が僅かに違い、特殊版の方が1フレームだけ硬直が短くなっています。
ですので、一見すると強版が出たように見えてしまいます。
発生などは強版と同じですので、もちろん連続技としては繋がりません。



この特殊版の肝心の出し方(出てしまう原因)は…、



Aボタンを押した次のフレームでB又はDボタンを押すこと



です。


要はズラし押しになってしまうと特殊版が出てしまうということですね。
たった1フレームズレでしかならないため、特殊版が出たり出なかったりといったことに繋がっています。


この特殊版が出てしまうと暗黒大蛇薙が繋がらずガードされてしまい、
相手に余裕をもって最大連続技を叩きこまれてしまいます。
特殊版が出てしまうのを恐れるのであれば、同時押しをせずAボタンのみで出しましょうということですね。
この時、太陽を射る炎が出てしまうのを防ぐために、2142146Aという入力をするといいかもしれませんね。



この特殊版、硬直だけがたった1フレーム短くなっているだけで、どうやら判定は同じなようです。




強版。
nagi2







続いて特殊版。
tokunagi1
う~ん、全く同じに見えます…。何が違うんだ…。
KOF95のような弱強切り替えとも違うし…。


この特殊版の必殺技や超必殺技は、テリーやジョーなど他のキャラでも存在しています。
いったいなぜこのような特殊版が存在するのか、そしてなぜこの方法で繰り出せるのか。
私は開発者ではありませんのでこれらのことについては謎ですが、
技の性能などが微妙に違っていたりするので探してみると面白いかもしれません。



久しぶりの投稿となりました。
季節の変わり目ですので、風邪には気をつけてくださいね。
お読みいただきありがとうございました。